一条正都のピストンのやり方

「License to Steal 一条正都」は、ベテランAV男優である一条正都が、AVの中では見せることの無いガチのセックスのテクニックを実践している動画です。

 

AVは男性が観て興奮して気持ちよくオナニーで抜ける事を目的として作られていますので、その中で男優が行っているやり方は必ずしも現実のセックスで有効ではありません。しかし世の多くの男性はセックスを経験する前からそのAVを見てしまっているために、AVの中で行われるやり方を正しいやり方だと知らず知らずの内に思い込んでしまっている事が少なくありません。


そんな、多くの男性が思い込んでしまっているものの一つがピストンのやり方です。



激しく突けば良いわけではない


AVで男優がやっているピストンとは大分違うので驚く方が少なくないだろうと思います。まず、ピストンは激しく突けばいいというものではありません。無闇に激しいピストン運動は、男性のペニスの快感をいたずらに高めてしまい早く男性が射精してしまうという事態に繋がりますし、ただ激しく突けば女性が感じるというわけではありません。AVで男優が行っているピストンが激しいのはあくまで見た目の派手さを重視した演出でしかありません。


ピストンの動く方向は一方向だけではなく、使い分けが必要


多くの男性が特に驚くのが、このピストンの動く方向です。セックスは膣にペニスを挿入して行うものですから、ペニスの先が向いている方向に前後するものと思い込みがち。しかしそれ以外の方向に動かす事で膣への刺激に変化をもたらす事が出来ます。もちろん、膣で擦られている男性のペニスに走る快感にも変化が付きます。


前戯のクリトリス刺激やおっぱいへの愛撫にも言える事ですが、単調な刺激の仕方ではなく女性の感じ方を見極めて刺激の仕方を買えて行く事により、女性はより高い快感を感じる事が出来るのです。